巨根丸のED治療・勃起不全(インポテンツ)改善精力剤薬局

インポテンツ、ED(勃起障害)の症状がわかる診断

簡単に勃起障害か、わかってしまう方法。
インポテンツ 診断

自分がED!?はやめの診断で安心です。

 最近、夜の生活がいまいちと悩んでいる方は一度、EDの症状を診断することをおすすめ致します。

現在、EDの診断方法は、病院からセルフチェックまで様々な方法があり、ご自分で納得できる方法を選ぶことが可能です。

現実を知ることは怖いものですが、EDは早めの改善がとても重要になります。

ここでは「EDの診断方法」についてまとめてみました。

EDは心の問題?体の問題?

忙しい現代人は、体も心も100%健康という方はなかなかいらっしゃらないと思います。

ほとんどの方が体や心になにかしらの問題を抱えているものです。

EDの原因は大きくわけて、「心因性」と「器質性」に分かれています。

「心因性」は精神的な問題であり、「器質性」は肉体的な問題になります。EDの症状は様々なことが原因で発症すると言われていますが、まずはこの大きなカテゴリーに分けることができるのです。

ユニークな『切手』チェック

少しもったいない方法ではありますが、「切手」を使用してご自分のEDタイプを把握する方法があります。

まず切手を濡らして、陰茎の根本にはりつけます。

もし、朝起きて切手のミシン目が切れていたら「心因性」となる可能性があり、ミシン目が切れていない場合は「器質性」になる可能性があります。

なぜなら心因性のEDの場合は夜間、勃起現象が起き器質性の場合は全く勃起しない、あるいは微弱に勃起する程度なので、ミシン目は切れる確率が低くなります。

完璧な方法ではありませんが、とても簡単に試せる方法なのでおすすめです。

医師による診断でより安心に

セルフチェックの診断方法が不安な方は、医師による診断も視野にいれると良いでしょう。

国際的に認められているIIEF5という問診票を使用することが多いようです。

IIEF5は国際勃起機能スコアと呼ばれており、世界的に信用のあるED症状のチェックと言えるでしょう。
またカラードップラーエコー検査や血管造影という検査もあります。

寝ている間の勃起状態を調べるものや、陰茎に流れる血液の量を検査するものです。

セルフチェックの場合は、ご自分が調べる為、自信のある結論を導くことは難しいかもしれません。

しかし病院であればその道のプロなので、安心をもらえることが第一のメリットと言えるでしょう。

インポテンツ、EDの診断で最適なもの

(まとめ)
EDの診断方法は様々な方法があります。大切なポイントは悩む時間をいたずらに増やすことではなく、ご自分の出来ることから改善のアクションを一歩すすめることです。

パートナーとのコミュニケーションの問題もありますので、前向きな姿勢でED問題に取り組みましょう。

あなたの積極的な雰囲気に、パートナーはさらに惚れなおしてくれて今以上に愛を深める!?なんて嬉しいことが起きるかもしれません。

いんぽてんつED(勃起不全)のタイプは?

 タイプは様々!?EDの諸症状

あなたはどのタイプ?勃起不全の症状

 男性の自信と大きく関係している勃起不全。性生活の充実は、円満な男女問題の柱となっていると言っても過言ではありません。

そんな男性自身の問題である勃起不全には、様々なタイプがあるのです。

ご自分のタイプを知ることにより、EDの飛躍的な改善の一歩となるかもしれません。

ここでは勃起不全のタイプについてまとめてみました。

一番多いのは心の問題!?

勃起不全で一番多い原因は「心因性」とも言われています。

現実性心因と呼ばれており、日常のささいなことがきっかけとなり勃起不全となってしまう方がいらっしゃいます。

パートナーの何気ない一言に傷ついた、仕事のストレス、経済的な問題、現代ではストレスが一番の病気の原因と言われているので、精神問題は勃起不全とも深く関係していると言えるでしょう。

特に男性は女性に比べてストレスに弱い傾向があるので、日頃から息抜きを心がける必要があります。

血液障害も見逃せない

EDの原因は血液の問題も重要になります。

糖尿病や高血圧は生活習慣病から発症するといわれていますが、どれも血液の問題であることは言うまでもありません。

勃起は陰茎に血液を溜めることにより硬くなりますので、健康な血液でなければ正常な状態になりにくくなっていきます。

勃起不全でお悩みの方は一度、血液を健康にすることで改善する可能性があります。

例えば、喫煙は血管を細くさせると言われており、勃起不全とも関係しています。

生活習慣を見直し、健康を取り戻す姿勢が大切です。

加齢でも努力しだい

年をとることは誰にも避けられません。
しかし、病気になるか、ならないかはその方の努力に関係しています。

加齢による勃起不全は男性ホルモンの減少や陰茎の弱体化が問題となっていきます。

人間はやはり年齢と共に弱っていく傾向は否めません。
しかし、日常から勃起不全の問題を認識することにより、加齢の症状に対抗することが出来ます。

若いときは陰茎内部に血液を溜める膜が丈夫になっていますが、加齢と共にその膜が弱くなり血液が溜まりにくくなる。

男性ホルモンは精力の根源的問題になりますので、加齢により減少しても栄養をしっかり吸収することで、補えたりもするのです。

勃起不全、いんぽを見極める方法のまとめ

問題の解決は、大きく対応するのではなく、細かく現状を分析することで解決の糸口がつかるものです。

勃起不全の問題も、まず自分がどのタイプなのかを知ることが一番重要になります。他人任せではなにごとも解決はしないので、体の問題なのか?心の問題なのか?を見極めましょう。

しっかりとご自分の体を精査して、愛しい行為の改善に向けて今日から行動をしましょう。

shitashitashita
精力剤 薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>