巨根丸のED治療・勃起不全(インポテンツ)改善精力剤薬局

ED治療ジェネリック薬品と安全性、有効性、購入の際の注意点

ED対策に魅力的なジェネリック薬品
ジェネリック薬品 ED

今さら聞けないジェネリック薬品の特徴

精力剤の良さは知っているけれど、一錠1000円以上はするもが多く、消費税も上がったこのご時世に、とても厳しいと感じる方も多いのでは。

お昼ご飯は500円で食べられるのに、お財布を直撃する値段に、ついつい躊躇してしまいますよね。

出来れば効果的な精力剤をリーズナブルに利用したいものです。
そんなあなたに朗報!実はED治療薬に現在、リーズナブルに購入可能なジェネリック薬品が販売されているのです。

今回はお財布に嬉しい、ED治療のジェネリック薬品について勉強しましょう。

ジェネリック薬品って何だろう

新薬の特許が切れており有効成分・同効果をもつ他の医薬品メーカーから販売されている物をジェネリック薬品と呼びます。

通常、薬は150億円?200億円という莫大な研究開発費と研究期間が10年?15年が掛かると言われています。

その開発費を回収しなければ製薬メーカーは利益を得ることが出来ず、存続のリスクが生じます。

そのことを防ぐ為、法律により20年間の独占販売特許が許されています。
ジェネリック薬品は研究開発費を掛ける必要が無いので、その分価格を安く設定出来るのです。
安価に購入できることが最大の魅力と言って良いでしょう。

メリットは安価。ではデメリットとは?

同じ成分で安く買えるのであれば、ジェネリック薬品の方が断然お得!と感じると思いますが、はやりメリットとデメリットがあります。

当然、メリットは新薬に比べてリーズナブルなことです。

デメリットは100%新薬と同じと言えない可能性があることです。なぜなら薬は主成分だけではなくカプセル・錠剤・粉末などといった薬の剤形にも、特許が存在しているのです。

当然、特許が切れていなければその他の製薬会社は同じものを使用することが出来ません。

薬の主成分は同じでも、コーティング剤等が違うものであれば、薬の効き目が遅い、逆に効きすぎるなどの差が生じてしまうケースもあるのです。

残念ですが、安いからバンザイ!という訳にはいかないようです。

ジェネリックも病院が安心!?

日本で販売されているバイアグラジェネリックは厚労省で認可を得ているので、新薬であるファイザーのバイアグラと同じ有効成分を含有しています。

しかし、副作用も同じく出てしまう可能性もありますので、ジェネリック薬品だということで気軽に考えず、使用に不安を感じる場合であれば処方箋を出してもらい服用しましょう。

併用禁忌薬も非常に細かく設定されているので、持病等があり薬を飲んでいる方は厳重な注意が必要になります。

副作用の問題は死亡例も報告されています。新薬にしろ、ジェネリック薬品にしろ安易な使用は控えましょう。

ジェネリック治療薬でインポテンツが治る?

ジェネリック薬品を利用することでお財布に優しい購入が出来、魅力的なパートナーとの楽しいデート代にも余裕が出てくるかもしれません。

しかし、安いものはそれだけ理由があることも事実です。

どんな買物でも価格だけではなく、物の価値を見出すことが大切です。

メリットデメリットを把握し、ジェネリック薬品が本当に自分のニーズを満たす価値があるのか?を一度検討してからの使用をおすすめ致します。

安心は禁物!ED対策にジェネリック薬品

安価ならではのリスクがある!?

大変リーズナブルに買えるとあって、今後ますます期待が掛るジェネリック薬品。

ED対策に格安のジェネリック治療を挑戦しようとする方も非常に増えてきています。

しかし、安ければ何でも良いということになってしまうと、副作用問題も多い医薬品系の精力剤は、体に問題が生じてしまう原因になるかもしれません。

安く購入したとしても、健康を害しては結局、高くお金がつくもの。

気になるジェネリック薬品ですが、その問題点についてまとめてみました。

EDジェネリックの問題点を考える

同成分であれば安心でしょ!?と思われている方が多いジェネリック薬品。

しかし、問題が無いわけではりません。

通常、医薬品の特許は物質特許と製造特許に分かれています。

有効的な薬の成分は物質特許に該当しますが、剤形や作り方は製造特許となります。

いくら成分の特許が許されているとしても、製造特許が切れていない場合は100%同じようにその他の製薬会社では作れないのです。
100%新薬と同じではないので、人によっては効き目が無かったり、逆に効きすぎてしまったりとの事例も報告されています。

ジェネリック薬品は安価ではありますが、その分リスクは高いと言えます。

海外製品のジェネリック薬品にご注意を!

医薬品は本来20年?25年の特許期間があり、同じ成分の医薬品をその他の製薬会社は販売することが出来ません。

しかしインドでは先進国とは違い、薬の内容成分に特許が認められていません。その為、新薬の特許が切れる前に、インドではジェネリック薬品としての製造と販売が合法になっているのです。

その為、莫大な研究費を掛ける必要がないので格安に販売することが出来、個人輸入をする人が続出しているのです。
病院での購入は比較的安心ですが、個人輸入の場合はインド製のジェネリック薬品の可能性が高く、成分の保証もないので注意が必要です。

間違った業者を選ばないように気を付ける

新薬に比べるとジェネリック薬品は約1割程度で購入することができます。

しかし、極端に安価な価格で販売している業者は品質に問題があると疑ってもおかしくありません。

ジェネリック薬品といえども製造するのには、人件費や費用が必ず掛りますので、あまりにも極端に安い価格の場合は購入を控えることをおすすめ致します。

また購入先の業者がクレジットカード決済なのか、ハローページ等で住所が記載されているのかも、優良なお店かどうかの判断になりますので一度、調べてみることが大事です。

ジェネリック薬品でインポが救われる日

ジェネリック薬品のデメリットを書かせて頂きましたが、価格が安く新薬と全く変わらない高い品質であれば、こんなにありがたいことはないですよね。

日本ではあまり馴染みの無いジェネリック薬品ですが、海外ではかなりの高い復旧率です。ジェネリック薬品を求める方が一人でも多くなれば今後、高い品質のジェネリック薬品が販売されると思われます。

shitashitashita
精力剤 薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>