巨根丸のED治療・勃起不全(インポテンツ)改善精力剤薬局

【ICI療法】ED治療薬で効果なかった人にオススメ!

痛みもなく、実は気軽にできるICI治療

EDを改善させる手術のICI治療はご存知でしょうか?

ICI治療はED治療薬が使えない方・期待した効果が無かった方におすすめのED治療になります。
治療を受けた方は高い確率でその効果に満足されているようです。

痛みがある手術や副作用がある場合はICI治療を受けたくない方もいらっしゃるはずです。

ここではEDに対して高い効果を期待できるICI治療についてご紹介致します。

精力剤で性のコンプレックス解消するなら

痛みはほとんど無いICI治療

もしあなたがED治療薬でも、めざましい効果が無かった場合、
「今後はどうしよう」という悩みをもってしまうかもしれません。

ICI治療はED治療薬でも効果を体感できなかった人が受けることが多いようです。

一体、ICI治療とはどんな手術なのでしょうか?
痛かったり、苦しかったり、心配が多いのであればいくらEDが改善しても避けたいですよね。

ICI治療は海綿体に直接、薬を注入して強制的に勃起を促す治療になります。

かなり痛そうというイメージをしてしまいますが、とても細い針なので、
少しチクっとして、0.1ccの少量を注入するだけなので、案外すんなりと終了するようです。

薬剤を注入してからおおよそ、5分~10分程度で勃起状態が始まり、持続は3時間が目安になっています。

ED治療薬とICI治療の違いとは?

ED治療薬の場合、性的興奮が無ければ、勃起することはありません。
しかし、ICI治療を施した場合は、性的な刺激が無くても勃起が起こります。

興奮が無い状態であっても、勃起する効果がICI治療とED治療薬の最大に違いです。

ここはとても心配なポイントではありませんか?
手術を受けた後、3時間は勃起状態が継続するので、そのまま移動しなくてはなりませんよね。

ED治療薬で効果が無ければ、ICI治療という受け皿ができたのは良いのですが、
実はまだまだ問題が多い治療法でもあるようです。

しかし、ICI治療の効果が続いている間は射精後も勃起状態が継続される為、
早漏で悩んでいる人にも喜ばれている現状があります。

最大の論点は「性的な刺激が不要」ということにあります。

ICI治療費は高くつく可能性が、、、

ICI治療は直接、陰茎に針を指すので「怖い!」と思われる方が多いようです。
男性にとって一番の急所である部分に刺すので、当然と言えば当然ですが、、、

またICI治療はかなり高額な料金設定になっています。
ED治療薬が一錠1,500円程の価格になっていますが、ICI治療は一回1万円程掛ります。

1回の性行為ごとに1万円が掛ってしまう状況はかなり高額と言えます。

その他にも、ICI治療を受けた後、感度が下がった方や稀に起こる「持続勃起症」も問題なようです。
この症状は4時間以上も勃起が継続している症状です。

ずっと勃起状態が続くなら嬉しいと思われた方、注意が必要ですよ。

強制的に勃起している状態が長時間続くと、海綿体に支障をきたす場合があるのです。
持続勃起症が起こってしまった方はまた病院に行かなくてはならない状況になってしまうのです。

魅力的なメリットもありますが、やはり、問題ある治療とも言える側面がありますね。

ICI治療のご紹介をさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

性的な刺激が無いのにも関わらず、勃起した状態が続くICI治療は、
メリット・デメリットがやはり存在します。

ED治療薬を持病等の関係で使用できない人は、嬉しい効果かもしれませんが、
問題なくED治療薬に効果がある方には無縁の手術とも言えるでしょう。

アソコに悩みがある男性向け精力剤はこちら

ICI療法はED治療薬とは違うデメリットがあります

良いだけではないICI療法の実情とは!?

ICI療法は直接、陰茎に薬を注入して勃起を促すED治療の一つです。
ED治療薬が持病の関係で使用できない方でも、基本的に施術を受けるこが可能です。

しかし、ICI療法は様々な問題点が報告されていることも事実なのです。
今回はデメリットを中心にICI療法をご紹介させて頂きます。

下半身を露出する点はやはりデメリット!?

ICI療法は痛みを気にする人が多いと思います。
なぜなら、直接、とても敏感な部分に針を刺すので、、、

怖くないと思う、男性はあまりいないのではないでしょうか?

しかし、慣れれば問題が無いと感じている方も多いようです。
初回は医師に直接、陰茎に打たれて薬剤を注入するのですが、
2回目からご自身で、直接、注射を打つようになります。

簡単な作業でない限り、医師が素人に任せる訳がありません。
痛みなどの心配はさほど、ICI療法には不要なようです。

但し、このお話はデメリットと感じるかどうかは個人差がありますが、
自分の陰茎を他人に出すことは多少、気になる方を考えると、
ED治療薬とは違いデメリットの一つとして言えるかもしれません。

ED治療薬とは違うICI療法の副作用

ED治療薬には様々な副作用が報告されていますが、
ICI療法には問題は無いのでしょうか?

残念ながら、ICI療法には副作用の報告があります。

それは、「持続勃起症」という症状になります。

性欲が無い状態で勃起状態が長時間にわたり続いてしまうと、
海綿体の内部に過剰に血液が溜まってしまいます。

その結果、海綿体組織の損傷につながり、完全なEDになってしまう恐れがあります。

但し、対処が無い訳ではありません。
勃起状態が3時間を越える場合は、クリニックに来院すれば適切な対処を施してくれます。

とは言っても、かなり心配な副作用だという判断で良いと思います。

EDの改善をする為にお金を払って、完全にEDになってしまっては、
元も子もありません。

ICI療法を受ける方は、持続勃起症が起こる可能性を楽観視せず、
もしかしたら???の為に心の準備をすることがおすすめです。

高額な施術費用がやはり懸念点

ED治療薬に期待した効果が無かった方や持病により服用できない方にとって、
ICI療法はとても魅力があるEDを改善してくれる施術として思う人は少なくありません。

上記に説明させて頂きました副作用や少し恥ずかしい以外にもデメリットはあるようです。

一回の施術に平均して6,000円~10,000円の費用が掛る点もデメリットの一つです。
ED治療薬が一錠1,000円することを考えると、やはり高額と言えます。
しかも、自由診療の為、保険は受けられません。

またICI療法を受けた後、感度が下がったという報告もされています。
せっかく勃起が改善しても感度が低いのは、残念ですよね。
ただ、満足させられる可能性は高いので、良いのでは?という感じもありますが、、、

ICI療法はアメリカ等で広く施術されているED改善の方法ですが、
日本では厚生労働省では認知されていない治療法です。
少し安全面に不安が残る部分はデメリットと言えるかもしれませんね。

ICI療法のデメリット情報はいかがだったでしょうか?

たくさん怖いお話をさせて頂きましたので、
「やめよう」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかしED治療薬で効果が無かった人が、
ICI療法を受けて愛するパートナーと豊かな性生活を体感した事実もあります。

それだけ魅力的な施術ですが、その反面、やはりデメリットも無視はできないのです。

ご興味がある方は、まずはクリニックのホームページ等で確認することをおすすめ致します。

(参照)
【ED治療薬】夜の生活を支える医薬品が購入できる評判のいいクリニックを紹介

性的刺激が不要なICI治療のメリット

ICI療法

ICI治療は早漏対策も可能です。

ED治療薬であるバイアグラが発明される前に、ICI治療は欧米等で、EDを改善する施術として普及していました。

日本では自身で陰茎に注射を打つ問題から広くは知れ渡ることはありませんでした。
しかし、その効果はICI治療を受けた約97%以上の方が実感した程なのです。

ここではICI治療のメリットを中心にご紹介させて頂きます。

100%に近い割合でED症状が一時的に改善

ICI治療は性的な刺激がなくても平均して3時間は勃起状態が継続します。

一般論ではありますが、一度の性行為に対して3時間、勃起状態が続けば満足できる行為が期待できるのではないでしょうか?

強制的に勃起する状態になってしまうので、ICI治療を受けた後は、
即、パートナーの場所まで行かなくてはならない等の問題がありますが、その効果には高い満足が期待できそうです。

一回の注射で約6,000円~約10,000円は掛ってしまうICI治療ではありますが、
勃起を強制的に促す作用がありますので、どうしても外せない大切な日にはおすすめです。

ICI治療を受けた方は射精後も勃起した状態が続くことに気づかれるはずです。
その為、早漏に悩んでいる人も安心して、性行為を楽しむことができるようです。

ED治療薬を使用できない人でもICI治療は可能!?

ED治療薬に効果が感じない方や、持病を持っている為、ED治療薬が使えない方がいらっしゃいます。
ICI治療は、そのような方に残されたEDの改善方法なのです。

心臓病に疾患をもっていて、ニトログリセリン系の薬を服用している場合は、
当然、ED治療薬を使用することはできません。副作用の問題で命の危険すらあります。

しかし、そのような方にも豊かな性生活の権利はあります。
そこで、昔からありましたEDの治療法であるICIに注目が集まったのです。

ICI治療は、直接、陰茎に薬剤を注入するので、心臓病に疾患をもっていても、
重度の糖尿病でもED治療薬のような副作用はさほど心配する必要はなく、その点につきましては安心して施術を受けることが可能です。

ED治療薬に不満があった方にはメリットが多い施術と言えるでしょう。

2回目以降は気軽に施術が可能なICI治療

ICI治療の問題点は、価格・副作用などがあります。
医師の前で、陰茎を出さなければならない等の問題なども気になる部分かもしれません。

しかし、ICI治療はその施術方法に慣れてしまえば比較的受けやすいEDの改善方法でもあります。

初回は陰茎に直接、薬剤を注入する等の恐怖はあるようですが、
慣れてしまえば2回目からは、ご自身で注射を打つことになります。

素人でも注射を打つことができるということは、比較的、安易な方法とも言えます。
もちろん、施術をする場合はクリニックを訪れることは必要ですが、
あまり過度な緊張は不要かもしれません。

ICI治療のメリットについてご紹介させて頂きましたがいかがでしょうか?

手術と聞くと、少し怖いイメージがありますが、
そこまで過度に心配する治療ではないことがご理解頂けたと思います。

最後にICI治療のメリットについておさらいしましょう。

①ED治療薬を使用しない・できない人でも施術が可能
②射精後も勃起状態は継続されるので早漏対策になります
③慣れれば気軽に施術を受けることが可能なようです

【比較】薬効の違いを知ろう【ED治療薬とICI治療薬】

ED治療薬とICI治療薬は全く違う種類の薬です

EDで悩んでいる人は、ED治療薬とICI治療薬の違いを理解している人は多くありません。
しかし、この二つは似ている効果ですがその性質は180度違うと言っても過言ではないのです。

今回はED治療薬とICI治療薬の違いについてまとめてみました。

まずはED治療薬の基本効果を知りましょう

ED治療薬はバイアグラ・レビトラ・シアリスがとても有名です。
バイアグラなどは、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

レビトラ、シアリスはバイアグラの後に開発されたED治療薬です。
食事の影響が受けにくい、血中濃度に到達するまでのスピードが速いなどの特徴があります。

どのようなメカニズムでED治療薬は勃起を改善するのでしょうか?
その基本構造を簡単にご説明させて頂きます。

海綿体にはPDE5という酵素が存在します。
この酵素が活発に活動を始めると、勃起障害につながるといわれているのです。

ED治療薬の基本は、このPDE5を強制的に抑制する効能が期待できる為、EDが改善するのです。
男性ホルモンの問題や体の自然な流れを半ば強制的にストップするのがED治療薬です。

強制的に血流を促す成分であるプロスタンディン

ICI治療は、直接、ED治療薬のようなPDE5阻害薬を陰茎に打つ訳ではありません。

それではICI治療とはどんな薬剤を使用しているのでしょうか?

主にプロスタンディンの成分を注射することがクリニックでは多いようです。
プロスタンディンとは血流を維持させる効能が期待できる医薬品です。

期待できると言っても、強制的に海綿体に血流を促す為、ほぼ高い確率で勃起します。
ICI治療の施術を受けた方は約8割の確率で固い状態を3時間は維持できます。

しかし、4時間以上勃起状態が続く場合は、海綿体が損傷する可能性が高いので、
その場合は可及的速やかにクリニックに相談する必要性があります。

ED治療薬とICI治療の副作用の違い

ED治療薬はPDE5という酵素を阻害する効能があり、
ICI治療は海綿体に直接、血流を促す効能があります。

EDを治療すると言っても、その薬効の違いは明らかです。
また薬効が違えばまた副作用も違ってくる点にも注意が必要です。

ED治療薬はニトログリセリン等の心臓疾患がある方や重度の糖尿病を患っている方は、
使用が禁止されています。併用禁忌薬の問題と副作用の問題は命の危険があるので、特別な注意が必要です。

一方、ICI治療薬は、ED治療薬の副作用とは少し違っています。
上記で説明させて頂きました、海綿体の損傷を受ける注意点とまた、感度がにぶくなるなどの問題点も指摘されています。

薬効が違えば、当然、副作用も変化するので、体の体調に合わせて、医師ときっちりと相談することを強く推奨致します。

ED治療薬とICI治療薬の違いはいかがでしょうか?
EDを改善するという目的は一緒でも、効能・導入方法・副作用まで違うのです。

どちらの方法を選ぶ場合でも、必ず副作用の問題は情報を集めることが重要です。

ED治療薬とICI治療薬の違いを最後におさらいしましょう。

①ED治療薬は酵素を抑制して勃起を促す
②ICI治療薬は海綿体に直接、血流を促す
③どちらの方法でも、副作用には注意がとても必要

ICI治療の費用・平均相場とは!?

 

ICI治療の相場は若干、高めです

男性の下半身の問題は仕事の自信や日々のストレスと大きく関わっています。
性の悩みは女性も男性もとても重要な問題ですよね。

しかし、もしED治療薬を使用できないと判断されたらいかがでしょうか?

ICI治療はそんな問題を抱える人の為にある施術と言って良いかもしれません。
今回はICI治療の基本的な費用・相場・値段についてご紹介致します。

自由診療のため、ICI療法は高額!?

ご存知の方は多いと思いますが、ED治療に保険は適用されません。
つまり全額が患者さんの負担になります。

ICI療法も、やはり保険は適用されないED治療になります。

ED治療薬はどんなに高くても一錠3,000円することはありません。
しかし、ICI療法の費用は一体どんな料金体系になっているのでしょうか?

当然、クリニックにより価格は自由で決められる為、様々なようです。
クリニックの中には素人の無知を利用して高額な代金を請求する場合もあるので注意しましょう。

基本的には初診料・注射器の値段・検査代・実際の注射代を合わせて、6万円~10万円が相場のようです。

ED治療薬に比べてかなり高額であることがご理解頂けたと思います。

陰茎部分に打つ注射と薬剤は約6,000円~約10,000円という価格帯になっています。

その都度、5,000円以上は掛るICI療法

ICI療法はかなり高額になる為、やはりED治療薬が主流になっています。

しかし、ICI療法を求める人の中にはED治療薬が使用できない人(持病等)・ED治療では効果がなくICI療法に期待するしかない人がいらっしゃることは確かです。

直接、陰茎に注射を打つ為、かなり怖がる人がおりますが、
ICI療法は慣れてしまえば、医師の指導の元、ご自身でも注射を打つことは可能です(自己責任です)

その為、注射を繰り返す度に慣れてしまい気軽に陰茎に打つ人もいらっしゃるようです。

とは言っても、注射は一本かなり高額ですのでその点は大切に打ちたいところですね。
毎回、性行為に5千円以上支払うのはやはり、お財布に厳しい状況と言えるで、、、

薬剤の使用量によって価格は変わります

ここでICI治療を施術している美容クリニック3社の料金体系をまとめてみました。
ED治療は全額負担なので、決して騙されないようにしっかりと事前リサーチをしましょう。

A社

初診料+テスト代で10,000円
ICI注射3本セットで3,0000円

B社

初診料(カウンセリング、注射指導料、注射調剤料含む)21,000円
ICI注射1本で8,400~15,750円
注射器具 26,250円

C社

初診料(カウンセリング、テスト注射、薬液および注射器(3回分)66,000円
ICI注射1本で11,000円

やはり料金はクリニックが自由に決められるとあって、本当に様々です。

ほとんどの薬液はどのクリニックも同じである、プロスタグランジンが使用されているようです。
その為、効果にはそこまでの変化はないと思われます。

但し、量の違いにより効果の違いは生じますので注意が必要です。
(量により価格も変動するクリニックが多いのです)

ダンディな50代男性に評価高い精力剤はこちら

ICI治療の費用はいかがでしょうか?
やはり高いと思われた方が多いと思われます。

ED治療薬に比べて確かに、ICI治療はとても高額です。

しかも、性的刺激が無い状態でも勃起状態が続く為、不便な点もあります。
しかし、メリットもはやり存在しており、
射精をした後でも、勃起状態が続くという早漏対策のメリットもあるのです。

お財布と体を中心に考えて、ICI治療を決めて頂きたいと思います。

shitashitashita
精力剤 薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>