巨根丸のED治療・勃起不全(インポテンツ)改善精力剤薬局

精力増強剤によく使われている原料の成分、その効果の解説

東虫夏草・擬黒多刺蟻・胡桃仁のED魅力成分とは?

体のことを考えたら、天然成分でした

漢方薬には私たちが見慣れていない・聞き慣れていないだけで、ED問題を改善してくれる素晴らしい素材があります。

少し不気味な素材も正直ありますが、もし滋養強壮や勃起障害に効果があるのであれば試してみたいと思いませんか?

ここでは東虫夏草(トウチュウカソウ)・擬黒多刺蟻(クロアリ)・胡桃仁(コトウニン)3つをご紹介致します。

おすすめ成分が入った精力剤入手したいならこちら

この記事の目次

東虫夏草(トウチュウカソウ)とは?

東虫夏草
東虫夏草は冬虫夏草(とうちゅうかそう)という別名があります。
精力剤では、冬虫夏草はご存知の人が多いかもしれません。

冬虫夏草を一言でいうと「キノコ」です。

どんなキノコかと説明すると、少し不気味がられると思います。
なぜなら、蛾の幼虫に寄生して育つキノコだからです。

少し、気持ち悪いですよね。

しかし、冬虫夏草の歴史は非常に古く、滋養強壮や精力剤増強に強い効果が期待できるのです。
古くから現代まで無くならずに、受け継がれているということは信憑性があると言っても良いかもしれません。

しかも、冬虫夏草は希少性が高く、高値で取引されています。

一体どんな効能が冬虫夏草にはあるのでしょうか?

血糖降下作用・肝疾患・強心作用などが挙げられています。

この効果は全て、血液に関係していることがわかります。

男性のED問題は海綿体に十分な血液が溜まってしない状況から発症することを考えると、
冬虫夏草にはED問題の最適な栄養成分と言うことができそうです。

擬黒多刺蟻(クロアリ)とは?

擬黒多刺蟻
擬黒多刺蟻(クロアリ)とはその名の通り、昆虫であるアリさんのことです。

冬虫夏草は蛾の幼虫に寄生するキノコでしたが、擬黒多刺蟻はそのまま昆虫を服用するということになります。

いくらEDを改善すると言っても、昆虫を食すことは気が引けますよね。

しかし、擬黒多刺蟻は中国政府も認める程の高い栄養成分を誇っているのです。

擬黒多刺蟻は自分の体重の400倍の重さの荷物を運ぶと言われています。
昆虫の中で大変、寿命が長く、女王アリになると20年以上生きるものもいるくらいです。

その生命力の強さと滋養強壮には密接な関係がるようです。

19種類のアミノ酸・ビタミン・亜鉛・セレン・ミネラル・コエンザイム、
など、とても小さいアリにこのような栄養成分があるとは少し驚きだと思いませんか?

特にED問題で必ず必要成分だと言われている亜鉛の含有量は非常に多いようです。

胡桃仁(コトウニン・オニクルミ)とは?

胡桃仁
胡桃仁(コトウニン・オニクルミ)とはそのまま、パンの中によく練り込まれているクルミのことです。

オニクルミの由来はあまりわかっていないようですが、
鬼のように固いことが、オニクルミの特徴でもあります。

その固さの中には、少しの量の種子が入っています。
最近では、食べ過ぎると体に悪いと言われているアーモンド。
実はたくさん食べても問題などはなく、健康に良いとされています。

それはオニクルミにも同じことが言えます。
なぜなら、不飽和脂肪酸であるリノール酸が含まれているからです。

なぜオニクルミやアーモンだが健康に悪いと言われていたのかと言うと、
油を豊富に含んでいたからです。

しかし、オニクルミの油分は不飽和脂肪酸という、細胞を形成する上で欠かせない性質がある為、
大量に摂取しても問題がないということが近年わかったのです。

オニクルミには良質なタンパク質・ビタミンA・B1・B2・E・ペントザン・ユグロンなどが、
豊富に含まれています。

直接、EDに寄与するとういうよりも補助的にサポートしてくれる成分と言えるでしょう。

東虫夏草・擬黒多刺蟻・胡桃仁の魅力についてご紹介させて頂きました。
少し不気味な素材もあり驚かれた人もいたかもしれません。

しかし、どの素材も歴史は非常に古く、代々人の手によって現在まで受け継がれた滋養強壮素材です。

それだけ長い時間を経ても、無くならないことを考えると、高い効果があるという証かもしれません。

上記3つは、様々な精力剤に使用されているので、是非、確認してみて下さい。

これらが入った精力剤はこちら

巴戟天・枸杞子・肉従蓉という精力増強に良い成分情報

副作用が少ない天然生薬は昔から愛されてきた歴史があります

 

栄養ドリンクなどの成分を確認すると生薬には様々な種類があることがわかります。

生薬は私たちの生活に慣れ親しんだ素材は少ないかもしれませんが、
天然素材で精力を増強する生薬には副作用も少ない傾向にあり安全面で優れています。

ここでは巴戟天(ハゲキテン)・枸杞子(コクシ)・肉従蓉(ニクジュヨウ)をご紹介させて頂きます。

巴戟天(ハゲキテン)とは?

巴戟天
少し変わった名前ですが、巴戟天(ハゲキテン)という植物があります。
鶏の腸と酷使している為、鶏腸風と呼ばれることもあるそうです。

中国で主に栽培されており、アカネ科に属しています。
日本では、クチナシが仲間の一種になります。

巴戟天はその根っこに強精薬の成分が多く含有されているようです。
とても高値で取引されている状況を考えますと、かなりその効果は強そうですね。

根っこを乾燥させて木槌で叩き、巴戟天は完成します。

巴戟天にはどのような成分や効能があるのでしょうか?

一番の特徴は腎臓を正常に戻す力があることです。肩こり、冷え性、腰痛、老化現象による問題にも広く巴戟天は利用されています。

やはり、EDに対しても効果は期待することができる特徴もあります。

腎臓は血圧の調整なども担っている体の器官の為、EDに対しても高い効果を期待できそうです。
おおよその目安ですが500g、20,000円ほどする高級な栄養食材になります。

枸杞子(コクシ)とは?

枸杞子
枸杞子(コクシ)とはクコの実のことを言います。
よく杏仁豆腐にのっている赤い実のことです。

あまり広くは知られていませんが、枸杞子はナス科の植物になります。

あの小さい実にどんなED改善の力が隠されているのでしょうか?

中国では昔から精力増強剤として利用されていました。
枸杞子に面白いエピソードがあります。

それは、夫が長旅に出る場合は枸杞子を持たせるなという格言です。
なぜなら、枸杞子には滋養強壮成分が豊富に含まれている為、浮気を防止の為、そのような格言が生まれたようです。

枸杞子の栄養分は、フィサリエン、βカロチン、アミノ酸、豊富なビタミン、鉄分、ニコチン酸、カルシウムまでもが含まれているのです。

必見なことは、豊富な鉄分です。血液には鉄分が重要な栄養であることは疑う余地がありません。
また一瞬、煙草をイメージさせるニコチン酸は、ナイアシンをことです。

ナイアシンはアルコールを分解する力があるので、お酒を飲み過ぎた夜の生活にも効果が期待できるかもしれません。

肉従蓉(ニクジュヨウ)とは?

肉従蓉
肉従蓉(ニクジュヨウ)とはお肉の文字がありますが、植物の一種になります。
ハマウツボ科というあまり聞いたことがない植物であり、日本ではナンバンギセルが少し有名です。

肉従蓉は寄生植物の為、葉をもつことはなく、他の植物の根を包むように寄生する特徴を持っています。

別名、砂漠人参と呼ばれており、この名前の由来から考えますと高齢人参を連想させます。
精力UPに効果が期待できそうですね。

肉従蓉には、免疫力の調整、抗ガン作用、抗老衰現象、高血圧の治療などにも効果が期待できます。
また最近では体を酸化させない成分も確認できたのです。

漢方理念では、強壮や強精に重要な利益を与える生薬としてとても有名なようです。
その分、希少価値は非常に高く、なかなか手に入りにくい状況です。

また、もの忘れや足腰が弱くなった、不妊症治療にも広く使用されている栄養です。

巴戟天(ハゲキテン)・枸杞子(コクシ)・肉従蓉(ニクジュヨウ)をご紹介させて頂きました。

天然成分の最大の利点は、ED問題の改善だけではなく、総合的な健康に大きなメリットがあることです。

もちろん、アレルギーの問題等は無視することができませんが、体質改善には重要な素材ばかりを今回紹介させて頂きました。

現在は比較的、ネット等で入手しやすくなっているので、是非、一度確認して頂くことをおすすめ致します。

ネットの口コミで評判の精力剤はこちら

雄蚕蛾・蛤カイ・ヨヒンベという勃起改善を促す生薬の秘密

生薬は私たちの健康を安全に支える薬効があります

 

漢方は東洋医学であり、医薬品は西洋医学です。
この二つの大きな違いは、副作用の有無と言っても過言ではありません。

事実、副作用の問題の死亡例は世界中で報告されていることです。
もし、ED改善が東洋医学で対処できた場合は副作用の危険は少ないのです。

ここでは漢方生薬である、雄蚕蛾(カイコガ)・蛤カイ(ゴウカイコ)・ヨヒンベについて情報をまとめてみました。

雄蚕蛾(カイコガ)とは?

雄蚕蛾
雄蚕蛾(カイコガ)とはその名前の通りに、日本人であれば誰もが育てたことがあるだろうカイコのことです。

え?カイコを食べるの??と驚かれた人、その通りです。
中国では当たり前のように販売されているようです。

実はカイコを食べる習慣は日本でもあり、
長野や福島など養蚕などが盛んに行われた地域では、つくだ煮や水煮などにして調理します。

戦時中などには、貴重なタンパク質を補えるとして重宝されていました。

特にオスのカイコには精力増強効果が高いとされていて、お酒などにも利用されているようです。
お酒と滋養強壮のオスカイコはなんだかとても、精力増強に効果がありそうですね。

男性の精液は、タンパク質から構成されています。
カイコの良質なタンパク質を体に吸収することで、精力減退に効果が期待できます。

オスのカイコから抽出したタンパク質は、事実、近年の研究の結果、EDに効果があることを認めたのです。

蛤カイ(ゴウカイ・ゲコ)とは?

蛤カイ(ゴウカイ・ゲコ)とは、タイやベトナムに生息するオオヤモリのことです。

いくら性欲減退に良いとされていても、流石に爬虫類は厳しいかもしれませんね。
女性などは、トケゲと聞いただけで卒倒してしまうかもしれません。

蛤カイはもちろん、見た目はただの大きなトカゲですが、毒などはありません。

尾の部分に優れた薬効があるとされており、尾が欠けたものは劣品であると判断されます。
乾燥させて開きの状態で行商では売っているようです。

古来より伝わる、中国の漢方医薬書には、精力増強と肺を丈夫にする作用が蛤カイには認められています。

その他にも、咳止め・ぜんそく・肺結核にも効能があるそうです。

マムシやスッポンにも滋養強壮の効果が認められていますが、まさかトカゲにまで性欲増強が期待できるとは、思わなかった人が多いと思います。
蛤カイは漢方系のサプリメントに使われているようです。

ヨヒンベとは?

ヨヒンベ
ヨヒンベは南アフリカ原産のアカネ科の植物になります。
媚薬効果や精力増強効果でヨヒンベはとても有名です。

医薬成分のヨヒンビンとヨヒンベは深い関係にあります。
なぜならヨヒンベの植物由来の成分で構成した薬がヨヒンビンだからです。

医薬品に指定されている通り、ヨヒンベの効き目は強力です。

南アフリカの現地では、ヨヒンベの樹皮を乾燥させてお茶にしたり、そのまま食べたりすることで精力増強をしていたようです。

なぜヨヒンベがED対策に良い効果があるのでしょうか?

それは血流を促す薬効がある為です。
また中枢興奮作用があり、媚薬としての効果もあります。

ヨヒンビンとしての服用は副作用などの問題により注意点がありますが、
ヨヒンベそのまま成分であれば、比較的、ゆっくりと体に浸透する可能性があるので、
副作用の問題を過度に心配することなく、性行為を楽しめそうです。

雄蚕蛾(カイコガ)・蛤カイ(ゴウカイ・ゲコ)・ヨヒンベのご紹介はいかがでしょうか?

とても体に良い成分であり、EDに悩む人にも高い効果を発揮する成分です。
せっかくですので、最後にその効能をまとめてみました。

①雄蚕蛾(カイコガ):貴重なタンパク質を補える。
②蛤カイ(ゴウカイ・ゲコ):精力増強と肺を丈夫にする作用
③ヨヒンベ:中枢興奮作用があり、媚薬としての効果

還暦前の男性にも人気の精力剤はこちら

鹿茸・牛黄・海狗鞭という精力UP間違いなし生薬情報

時間は掛るけれど、健康の土台がつくられる生薬

あなたが健康的にEDを改善したいと思ったならば、生薬はとても重要な素材になります。

天然成分である以上、改善いは比較的時間が掛る生薬ですが、健康体質を向上させる力が期待できます。

今回は漢方薬には欠かせない鹿茸(ロクジョウ)・牛黄(ゴオウ)・海狗鞭(カイクビン)についてまとめてみました。

鹿茸(ロクジョウ)とは?

鹿茸
鹿茸(ロクジョウ)とは、簡単に説明させていただくと、鹿の角になります。
中国では昔から、鹿の角に滋養強壮や性欲増強の成分を認めていたようです。
日本でも古くから貴重な生薬として、大切にされてきた歴史が鹿茸にはあります。

長寿の薬として中国で言われている理由には、高い滋養強壮成分があるためです。

強壮剤、造血作用、総合的な体機能性の向上、記憶力などにも効果があると言われているのです。

主な成分としては、コラーゲン・カルシウム・リン・エストラジオール・アミノ酸などが豊富に含まれているのです。

男性だけではなく、女性の更年期障害にも関係しているエストラジオールに作用することもあり、
鹿茸は現在、ヘルスケアの分野で大変、注目を浴びているようです。

医薬品のED治療薬とは違い、自然由来で大きな副作用も少なく、男性ホルモンと女性ホルモンに良い効果が期待でき、昔から生殖機能低下や不妊症に良いとされていたのです。

牛黄(ゴオウ)とは?

牛黄
牛黄(ゴオウ)とは、牛の胆のうに生じた結石のことを言います。

簡単にご説明させていただくと、胆石のことです。
牛の胆石がなぜ男性のED問題を改善してくれるのでしょうか?

牛黄はとても小さな人間の血管にまで働き、血行を改善する薬効があるようです。
これは男性の陰茎部分にまで血流が届くということも容易にイメージができます。

末梢血行障害を改善する牛黄は、体の総合的な健康を取り戻す不老不死の薬として中国では重宝されているのです。もちろん、日本でも漢方薬としてとても有名です。

心臓を強くする強心作用、イライラや精神不安定を落ち着かせる鎮静作用、EDと非常に深い関係がある血圧調整作用、造血器官である肝臓を正常にする利胆作用が牛黄にはあります。

牛の胆のうの中で自然とできる胆石ですが、意外とほのかな甘みがあり想像した以上に口あたりは悪くない特徴があるようです。

海狗鞭(カイクビン)とは?

海狗鞭
海狗鞭(カイクビン)はオットセイの睾丸のことです。
睾丸に高い性欲増強成分が含まれていることは広く知れ渡っています。
ホルモンが豊富であり、またタンパク質やED治療には欠かせない、アミノ酸も含んでいます。

血管を広げる働きをもっているカロペプタイドという成分が入っていることから、
男性陰茎部分の強い作用を促し、理想な勃起状態を保つ力が期待できます。

また、どの動物の睾丸でも性欲減退に効果がある訳ではなさそうです。
なぜなら、オットセイは一回の繁殖期でたくさんメスと交尾を行うのです。

射精後は、生きる上でとても重要なタンパク質が減少し、また精液をつくるエネルギーが必要にも関わらず、オットセイは何匹ものメスと一夫多妻制をとり、子作りをするのです。

その点にオットセイの睾丸と性欲増行が深く関係しているのです。
また海狗鞭には若返りを作用するデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)が含まれています。

EDの問題だけではなく、総合的な健康にも良い作用を期待できそうです。

鹿茸(ロクジョウ)・牛黄(ゴオウ)・海狗鞭(カイクビン)について説明させて頂きました。
思わず口にしたくないと思った人も多いのではないでしょうか?

動物性由来の滋養強壮成分は臭いもきついものが多く、口に合わない人も中にはいらっしゃいます。
その結果、現在ではサプリメントが開発されているのです。

上記3つは全て、体質を向上させる効果が高いものばかりです。
栄養ドリンクなどを飲むときは少し注意して成分を確認してみましょう。

2chでも評判の精力剤はこちら

トンカットアリ・ソフォン・アシュワガンダという天然ED生薬とは?

ED治療薬よりも前に試して頂きたい、天然の滋養強壮成分

どの国にも精力増強・ED改善の生薬・ハーブは自生しているようです。

あなたが今よりも健康的になりたい、豊かな性生活をおくりたいと思っているのなら、
是非、天然成分の精力剤に注目してみてください。

ここではトンカットアリ・ソフォン(アカガウクルア)・アシュワガンダの情報についてまとめてみました。

トンカットアリとは?

トンカットアリ
トンカットアリという健康食材をご存知でしょうか?
動物性の健康食材ではなく、植物性の食材になります。

トンカットアリは東南アジアのジャングルに自生しているハーブの一種です。
現地の人々は、滋養強壮や性欲増強として大切にしてきた歴史があります。

高齢人参やカンカ、そして有名なマカと比べても、トンカットアリのED問題に対する効能は引けをとらないようです。

別名では、「マレーシア人参」と言われています。
トンカットアリの成分は、グリコサポニン・ユーリペプチド・カシノイド・ステロール・亜鉛・アルギニン・テルペノイドなど、男性の陰茎に良い影響を与える成分が豊富です。

また植物性の天然成分の為、過度な副作用を心配することがないのも安心ですね。
亜鉛やアルギニンはED治療にとても有名な成分ですが、その他成分に聞きなれないものもありますよね。

グリコサポニンは、コレステロールを除去したり、動脈硬化を防ぐ役割をもっていたりと、血液を健康にする作用が期待できます。

日本の食材で大量のサポニンを含む、健康食材はなかなか購入できない状況を考えると、トンカットアリの希少性はますます上がると予想されます。

ソフォンとは?

ソフォン
ソフォン(アカガウクルア)とは、タイに自生しているマメ科のハーブの一種になります。
日本ではあまり知られていないソフォンですが、現地では天然のバイアグラとして重宝されています。

期待できる効能は滋養強壮や精力増強、そして疲労回復です。

ソフォンはアルギニンやスッポン成分のように、血流に良い作用を与える効果も期待できるのですが、一番のメリットは、バイアグラのように「PDE-5」を抑制する力があるということになります。

男性のED問題は海綿体の中で自然とつくられる酵素である「PDE-5」が原因といわれています。
つまり、この「PDE-5」を抑制すれば勃起状態は改善するという理論です。

バイアグラの主成分である、シナデルフィルが「PDE-5」を抑制する薬効があったのですが、
医薬品である為、副作用の問題がありました。

しかし、ソフォンであれば自然由来の為、副作用の心配はあまりいりません。

バイアグラのようにその場で効果がある訳ではありませんが、
ゆっくりと確実に健康を保ちながらEDが改善させる健康食材としてソフォンは注目を浴びています。

アシュワガンダとは?

アシュワガンダ
アシュワガンダは、インドやネパールなどの乾燥地帯に自生するナス科の常緑樹になります。
サンスクリット語でアシュワガンダは馬という意味になります。
摂取すると馬のように活発に行動できる力が得られるということからこの名前がつけられたそうです。

55歳の男性にアシュワガンダの根の成分を1日たった3g摂取していただき、1年服用したところ、70%以上の性機能が向上したことがわかったのです。

アシュワガンダはED問題だけではなく、酸化を防止・がん細胞の増殖を阻害・滋養強壮効果・精神ストレスの軽減、近年の研究の結果、免疫力をUPする効能も期待できることがわかったのです。

その魅力的な成分としては、アルカロイド・ステロイダルラクタン・サポニン・鉄分やミネラルが豊富に含まれています。

アルカロイドには脳の疲労をやわらげ過敏神経を落ち着かせて勃起をスムーズにする効果が期待できます。

これだけの効能がありEDに対するメリット成分が豊富なのにも関わらず、目立った副作用が報告されていないアシュワガンダは本当に夢の薬のようですね。

トンカットアリ・ソフォン(アカガウクルア)・アシュワガンダの精力増強の関係性を説明させて頂きました。

基本はどの国にも滋養強壮に良い食品は存在していますが、やはり気候環境が厳しい国などは高い効果がある素材が多い傾向にあります。

今日の3点の滋養強壮素材をまとめてみました。

①トンカットアリ:動脈硬化を防ぐ役割・血液を健康
②ソフォン:「PDE-5」を抑制する力
③アシュワガンダ:脳の疲労をやわらげ過敏神経を鎮静化

漢方薬マニアに人気のペニス増大サプリこちら

タイトル ムイラプアマ・亜鉛・紅景天の性欲増強成分とは?

バランス良い吸収率を考えると天然成分が一番

私たちが普段、口にする食べ物の中には、意外と精力剤増強に効果が高い素材があります。
知らずに食べるよりも、意識して摂取することでEDには高い効果を発揮する可能性があるのです。

ここではムイラプアマ・亜鉛(アエン)・紅景天(コウケイテン)の精力UPの魅力成分についてご紹介致します。

ムイラプアマとは?

ムイラプアマ
ムイラプアマはあまり日本では知られていませんが、ヨーロッパなどではハーブ医療として有名な健康食材です。原産地はブラジルであり、滋養強壮剤として登録されている程の薬効があります。

強壮剤としての役割以外にも、うつ病・生理痛・リラックス作用・中枢神経障害にも効果が期待できるようです。

ムイラプアマの根を煎じたものはインフルエンザの治療として活用され、心臓を強くする強心作用も期待することができます。

このようにムイラプアマには体の総合的な健康を促す作用があるようです。

それではEDの問題にはどのような効果があるのでしょうか?

一番の特徴は、神経伝達の障害から問題になるEDにムイラプアマは効果を発揮するようです。
過度な緊張やストレスは、男性であれば勃起状態に関係があることはよくご存知のはずです。

ムイラプアマは神経のバランスを整えることで、精神的のEDの力になってくれる成分と言えるでしょう。

亜鉛とは?

亜鉛
セックスミネラルの代名詞と言えば、亜鉛になります。
亜鉛は貝のシジミなどに多く含まれている栄養です。

肝臓の正常なサイクルを守る為には、亜鉛はとても大切です。

腸で吸収された栄養を肝臓が汲み上げて造血がなされています。
つまり、肝臓の機能が弱ければ、健康な血液は作られないと言っても過言ではありません。

また亜鉛を意識した食事内容やサプリメントを進んで摂取すると、
精子の量が増えることは周知の事実だと思います。

男性にとっても、女性にとっても亜鉛は必須ミネラルであり、食材としては、牡蠣やシジミなどに豊富に含まれています。

但し、いくら亜鉛がED問題に重要な栄養成分だからと言って、
あまりにも大量に摂取することは吐き気や下痢などを起こす場合もあります。
その点を考慮すると、やはり食材からバランス良く摂取することが体の為になりそうですね。

紅景天(コウケイテン)とは?

紅景天
紅景天(コウケイテン)とはチベットの高地に自生しているベンケイソウ科の植物になります。
根や茎の部分に薬効成分が含まれています。

日本ではお金のなる木でとても有名なカゲツがベンケイソウ科になります。
(紅景天とは違うのでカゲツを食すことは厳禁です)

紅景天には滋養強壮・止血作用などの効果が期待できます。

抗酸化成分で血液を正常する働きが強いサポニンをご存知でしょうか?
サポニンは高麗人参や田七人参に多く含まれており、ED治療の代表とも言えます。
しかし、紅景天は高麗人参やよりも高い強壮作用があることが近年、わかったのです。

日本では紅景天に含まれる、グリコシドと呼ばれる配糖体アトピーに効果があることや、
シミなどの原因になるメラニンを抑制するなどの嬉しい効果が報告されています。

血糖値の上昇を抑える薬効があることから、EDに対しても改善する力があることがわかります。

ムイラプアマ・亜鉛(アエン)・紅景天(コウケイテン)をご紹介させて頂きました。

EDを改善する効能だけではなく、総合的な健康に寄与する力がある上記3つの素材です。
天然成分は副作用の心配が少ないので、安心して服用することができますね。

最後にその魅力的な効果についてまとめてみました。

①ムイラプアマ:心臓を強くする強心作用
②亜鉛:精子を増幅させる効能
③紅景天:高い強壮作用

今売れてる精力剤はこちら

ガラナ・コブラエキス・セレンの成分内容とは?

ED治療はまず食事の改善が鍵です

天然成分を配合の精力剤は、改善までに時間が掛る傾向にあります。
しかし、西洋医学のED治療薬とは違い、副作用の心配が少なくおすすめの精力剤です。

ここでは漢方であるガラナ・コブラエキス・セレンという安全にEDが改善できる可能性が高い成分をご紹介致します。

ガラナとは?

ガラナ
精力剤成分と聞いて、「ガラナ」くらいピンとくる栄養はないのではないでしょうか?
事実、ガラナはたくさんの精力剤やサプリメントに使用されています。

ガラナにはたくさんのカフェインやタンニンが含まれており、
疲労回復や滋養強壮の効果を目的によく用いられています。

ブラジルなどでは飲料で使用されていることが多く、
日本でもガラナ飲用はドラッグストアやコンビニ等でも見かける機会は多いはずです。

独特の風味と刺激が特徴で、その味に嗜好性を感じる人は多いようです。

ガラナはED問題に対しては、マカやトンアッカリなどに比べるとそれほど大きな効果は期待できないようです。

但し、コーヒーよりもカフェインは3倍含まれており、覚醒作用は強い傾向にあります。
媚薬効果などもよく話題になりますが、そこまでガラナには勃起不全を改善させる力がないと判断したほうが良いでしょう。
ガラナには単品よりもその栄養成分と組み合わせることで、パワーを期待しましょう。

コブラエキスとは?

コブラエキス
コブラエキスはその名の通り、猛毒で知られているコブラのことです。
とは言っても、食品として摂取する場合は、安全な健康食材になるので安心です。

日本では赤マムシなどが性欲増強にとても有名ですが、
やはり猛毒をもつヘビは滋養強壮・浄血作用は大きく期待ができる健康食材として考えられます。
猛毒のサソリなども、栄養価が非常に高いことで知られています。

ゴブラはタイやフィリピンなどに生息しており、野生の場合は特に獰猛でありその分、強い毒をもっているといわれています。

良質なタンパク質・アミノ酸・リン・カルシウムなどが含まれており、メスには子宮の血流を促す作用があり、オスはやはり男性の精液に対して生産性が高まる効果が期待できるようです。

またコブラに似つかわしくない成分であるコエンザイムQ10など豊富に含まれており、 アンチエイジング分野にも注目が集まっています。

セレンとは?

セレンは人体には欠かせない必須ミネラルの一つになります。
アンチエイジングにはとても重要である、抗酸化の役割がセレンにはあります。

とても毒性が強いという見解をされていましたが、1957年スウェーデンの研究者により、
人とって重要なミネラルということが明らかになったのです。

実はセレンは、どの食品にどれくらい含まれているのかというデータが乏しく、
比較的、魚・肉・黄身に多いというくらいしかわかっていません。

ED問題の側面からセレンを考えますと、
精液の中に含まれる成分は亜鉛ともう一つはセレンが挙げられます。

この点から、セレンが性欲増強と深く関係していることがご理解頂けると思います。

男性の精子がつくられる過程で亜鉛が必要なのですが、その時にセレンは必須な栄養として現在は考えられています。滋養強壮の観点からもセレンは外せない現状があります。

ガラナ・コブラエキス・セレンをご紹介させて頂きました。

コブラなどはいかにも性欲増強に効果がありそうですが、実は女性の美容にも最適な成分であるアミノ酸も含まれています。

一つの食材に一つの効果だけではなく、様々な嬉しいメリットがあることが、食品系の精力剤の魅力と言ってよいでしょう。

ED治療薬とは違い、強制的な効果は少なく安全な方法ですので、まずは天然成分からED問題を取り組んで頂きたいと思います。

ペニス増大サプリを探しているならこちら

エゾウコギ・スッポンエキス・山芋という滋養強壮成分とは?

ED問題は食生活を向上させることで回復の兆し

EDや性欲で悩んでいる人は、天然成分の漢方生薬から探すことがおすすめです。

なぜなら、医薬品とは違い生薬は副作用を過度に心配する必要がないからです。
体の健康を意識して、是非、生薬からED改善を計画しましょう。

ここではエゾウコギ・スッポンエキス・山芋について情報をまとめてみました。

エゾウコギとは?

エゾウコギ
エゾウコギとはロシアや中国、北海道東部という比較的寒い地域に自生しているウコギ科の植物です。ED問題を改善させる薬効が期待できる。高麗人参もウコギ科の植物の一種です。

エゾウコギの高い滋養強壮効果が世界中に広まったのは、
1980年に行われたモスクワオリンピックからだと言われています。

エゾウコギを飲んでいた選手が記録を叩きだし、一躍有名になりました。
そんなお話を聞いたら、ED問題で悩んでいる人は大きな期待をしてしまいますよね。

エゾウコギは抗酸化成分を大量に含み、高麗人参よりも滋養強壮効果が高いと言われています。
高麗人参を摂取すると、人参とはちがい体がすぐにぽかぽかしてくることがわかります。
これはサポニンの作用により、血流が促された証拠です。

EDに対して即効性の高い高麗人参よりも、ロシア政府はエゾウコギを認めています。

スッポンとは?

スッポン
スッポンは見た目の通り、亀の仲間です。
日本、台湾、中国などに広く生息している動物です。

スッポンと言えば、一度くらいつくと離れないことで有名なので、
精力剤の代名詞的な扱いをよく受けています。

パッケージなどにもスッポンは描かれていますよね。
事実、スッポンは交尾時には約3時間もペニスを入れたままだそうです。

そして、スッポンには血液をつくる際、欠かせないアミノ酸が豊富に含まれています。

ED問題はほとんどが、血液の不健康で発症すると言っても良いので、
アミノ酸を豊富に含むスッポンは最適と言えます。

また精力剤のイメージから、女性には嫌煙されがちですが、
コラーゲンや良質な油を豊富に含んでいる為、美容にも最高の健康食材と言えます。

またスッポンは1年間水・餌無しでも生きていけます。これは滋養強壮で有名な赤マムシにも同じことが言えますが、とにかく死なないのです。
その力が精力剤として効果が高い理由になっています。

山芋とは?

山芋
山芋はよく精のつく食べ物だと言われています。
昔から言われていることですが、その理由は何でしょうか?
それは山芋に含まれている、ムチンとアルギニンが理由になります。

もちろん、山芋は食物繊維やビタミン、整腸効果などもあり、
お肌トラブルにも高い効果を発揮します。

しかし、その他の食材とは違うところはやはり、この2つの成分になるでしょう。

アルギニンはアミノ酸の一種で人間には欠かせない栄養です。
ED問題を考えると、精子の量を増やす作用がアルギニンにはあります。

またムチンは山芋の粘りの原因と言われていますが、
タンパク質の吸収を促す作用があります。

精子はタンパク質からつくられているので、アルギニンもムチンも性欲増強には外せない栄養となります。

一番のポイントは天然成分の為、非常に体によく健康的にED対策をできることが、山芋の一番の特徴と言って良いでしょう。

エゾウコギ・スッポンエキス・山芋をご紹介させて頂きました。

実は西洋医学のED治療薬よりも、漢方理論で構成された生薬のほうが長い歴史があることがご理解頂けたと思います。

私たちの生活に医薬品は外せない薬になりますが、同時に漢方薬も重要な位置を示していると言えるでしょう。

ED問題は体質を改善し強くする必要性がありますので、まずは天然成分の精力剤を試みて頂きたいと思います。

カンカ・アスパラガス・三七人参という性欲増強成分の情報

自然治癒力を与えてくれるのは天然成分です

食材の中には、免疫力を高める物や血行を促す作用があるものもあります。

運動なども生活習慣の向上には重要な行為の一つですが、
食生活を見直すだけでも、EDの問題を改善できる可能性は非常に高いのです。

今回はあなたの下半身を元気にする素材、カンカ(砂漠人参)・アスパラガス・三七(田七)人参3つをご紹介致します。

カンカとは?

カンカ
カンカは砂漠地域に花を咲かせるほどの生命力がある植物です。

EDに関係している血管を拡張する効果や更年期障害を予防する効果があるとして、近年、注目されています。

カンカは高血圧や糖尿病などにも良いとされており、EDの間接的な理由となっている生活習慣病を未然に防ぐ効果も期待されています。

主な成分として、アクテオシドやエキナコシド、そしてカンカノシドが豊富に含まれています。
あまり知られていない成分ですが、EDに対してどのような効果があるのでしょうか?

アクテオシドは赤ワインに含まれるポリフェノールやビタミンCの数倍とも言われている抗酸化成分を含んでいます。

近年、酸化が体を老化させる物質だということがわかってきました。

若い人でもEDになる方はいらっしゃいますが、やはり老化現象による問題のほうが多いはずです。EDと酸化(老化)は深い関係があるのです。

また、カンカノシドには血管を広げる作用もあり、ED対策には最適な栄養文と言えるでしょう。

アスパラガスとは?

アスパラガス
アスパラガスを食べたことがない人はいないであろうというくらい、私たちの生活には欠かせない野菜ですよね。

アスパラガスは「アスパラガスオフィシリス」と学名があります。
オフィシリスとは、薬用という意味が実はあるのです。

普段、何気なく食べていたアスパラガスに薬用という呼び名があったことは驚きの事実ですね。
なぜアスパラガスは薬用と呼ばれているのでしょうか?

アルパラガスはお野菜なので様々な栄養素が含まれているのはわかりますよね。
特質成分ではアスパラギン酸が多く含まれていることに薬用と呼ばれている由縁があるようです。

アスパラギン酸はED問題に効果が期待できそうな名前だとは思いませんか?
アスパラガスは古くは中国やギリシャで、滋養強壮や利尿作用があるとして重宝されていました。

さらに、アスパラギン酸というヘルシー成分のアミノ酸まで含まれていることが近年、わかったのです。アミノ酸はED治療には欠かせない栄養素ということが周知の事実だと思います。

美味しくて、ヘルシーでなおかつED問題にも改善が期待できるのであれば、嬉しいお野菜としてますます、活躍しそうです。

三七人参とは?

三七人参
三七(田七)人参とは、ウコギ科の多年草になります。

人参と呼ばれていますが、普段、私たちが食卓に出される人参とは全く違うものです。
形も人参と呼ぶよりは、ゴツゴツした生姜のような形状をしています。

中国では金不換(お金では交換できない)と呼ばれているくらい、貴重な健康食材として大切にされてきました。中国政府はあまりの強い滋養強壮効果に三七人参を他の国に輸出することを禁止にしていたくらいです。

また三七人参は収穫するまでに3年~7年は掛ると言われています。
当然、7年物は希少価値が高く、高額で取引されているようです。

それほどまでに三七人参が人気な理由は何でしょうか?

それは他の食材には多く含まれていない、サポニンの含有量が非常に多く、
またアルギニン・フラボノイド・ビタミン・ミネラル等が豊富に含まれています。

フラボノイドなどは、血管に働きかける作用が強く、ED問題には最適な栄養素です。

比較的、高額な健康食材ですが、肝機能も正常にする作用が期待できるので、ED問題を抱える人にはおすすめの健康食材です。

カンカ(砂漠人参)・アスパラガス・三七(田七)人参の3つの天然成分をご紹介させて頂きました。

男性の勃起障害だけではなく、素材の中には老化現象に効果が高い成分もありました。

また特に田七人参はあまりにも滋養強壮に効果が高いことから、輸出をストップさせてしまうということも驚きの事実です。

アスパラガス以外では、スーパー等で購入することは出来ませんので、ネットなどで購入を検討すると良いでしょう。

効き目あると評判の増勢剤はこちら

牡蠣肉エキス・西瓜・ローヤルゼリーの生薬成分とは?

体に良い成分は自然良品です

食事はバランスが重要ですが、ED問題を抱えている人はどんな食材に改善の可能性があるのか?という点を意識することが重要です。
食べ物の中にはEDを安全に良い方向へ導いてくれるものもあるからです。

今回は牡蠣肉エキス・西瓜(スイカ)・ローヤルゼリーという血液改善に作用する素材についてご紹介致します。

牡蠣肉エキスとは

牡蠣肉
牡蠣は冬場の鍋とうに美味しく頂ける、海の恵みの食材でもあります。
EDの悩みを抱えている人であれば、牡蠣が精力増強に効果が期待できることをご存知の方が多いのではないでしょうか?

「海のミルク」とヨーロッパで呼ばれたりしていますが、
なぜ牡蠣にはEDを改善する力があると言われているのでしょうか?

それは、滋養強壮成分であるタウリンを含んでいたりするだけではなく、
17種類以上のアミノ酸やビタミン・亜鉛などのミネラルが含まれている為です。

味の好き嫌いは個人差があると思いますが、比較的、嗜好性の高い食品にこれほど、魅力的な栄養素がつまっているものはそうそうありません。

しかも、ミネラル・アミノ酸は血液を正常にする働きがある為、EDの為の食材と言っても良いくらいです。

季節により食べることができない食品でもあるので、粉末にしたエキスなどを利用すれば、1年中牡蠣の恩恵を受けることが可能です。

西瓜(スイカ)とは?

西瓜
日本人であれば、夏場に西瓜(スイカ)を一度も食べたことがない人はおそらくいないのではないでしょうか?

それほど、私たちの風物詩的な象徴であるフルーツの一つであるスイカ。

スイカとED問題はあまり関係がないように思えませんか?
小さいときから食しているスイカを食べて元気になったというお話をあまり聞いたことがありません。

しかし、最近の研究により、スイカには大量のシトルリンというアミノ酸の一種が含まれていることがわかったのです。

シトルリンは血管の緊張をほぐす・むくみを解消するという素晴らしい効能があります。
スイカ以外にもメロンやきゅうり、ニンニクなどにシトルリンは含まれていますが、一番はスイカになります。

精力増強に効果がある意外なスイカ。水分量には注意が必要ですが、サプリメントとは違い自然成分のため、体の吸収が穏やかで健康的にED問題を改善する可能性を秘めています。

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリー
ローヤルゼリーが体に良いことは、とても有名ですね。
女王バチの餌が、ローヤルゼリーだと言われています。

その他のハチに比べて、体がとても大きい女王ハチはローヤルゼリーを摂取するからだと言われています。

一体、ローヤルゼリーにどんな効能があるのでしょうか?

それは必須アミノ酸の存在が大きいといえるでしょう。
EDとも深い関係にある、人が体で生成することができない為、必須という名前がついているのです。アミノ酸は滋養強壮・血液の浄血には欠かせない栄養素です。もちろん、まだまだその効果は計り切れないほど、アミノ酸は大切な栄養です。

またローヤルゼリーには脳の中枢神経にも作用することから、EDに対して効果が期待できると言われています。

通常、性行為時、男性は自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが重要になります。ローヤルゼリーにはその自律神経を正確に整える作用があることがわかったのです。

牡蠣肉エキス・西瓜(スイカ)・ローヤルゼリーをご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

夏場によく食べるスイカの精力増強の効果があったりすることは非常に驚きですよね。
このように、実はまだまだ私たちの生活環境にはED問題を解決に導いてくれる食品が多数あります。

普段から食べている物をチェックしたら、実は男性の下半身が喜ぶ素材であることもあるかもしれません。

ED克服するならこちら

ニンニク・アルギニン・イチョウ葉に含まれるED改善成分とは?

体力まで効果が期待できるのは天然成分のみ

EDの問題を抱えている人は根本的な健康を害している可能性は否定できません。
日々の生活習慣も非常に大事なことですが、食事の改善が一番、効果が高い方法です。

私たちのまわりには意外と精力増強を促す素材があるのです。

今回は大蒜(ニンニク)・アルギニン・イチョウ葉という滋養強壮の効能があると言われてい素材について情報をまとめてみました。

ニンニクとは?

ニンニク
ニンニクに精力増強効果があることを知らない人はあまり多くはないでしょう。

風邪をひいたりするときは、胃もたれに注意しながらも、ニンニクは様々な人の滋養強壮を助けきた歴史があります。

現在にはニンニクを海洋水に漬けて、黒蒸しニンニクとして売られている商品もよく見かけますね。
そんなニンニクにはなぜED問題を改善する力があると言われているのでしょうか?

それは成分に当然、秘密があります。
ニンニクに含まれる成分は、アリシン・アリチアミン・アセチルコリンなどあまり広くは知られていない栄養素があります。またビタミンなども含まれています。

アリシン・アリチアミン・アセチルコリンには血液をサラサラにする、薬効が認められています。海綿体の血流問題はEDの原因になりますので、血液がサラサラになれば、当然、高い効果が期待できるはずです。

臭いの問題を気にする人は黒蒸しニンニクであれば、栄養素も格段に増え、食べた後の、臭いも少ないのでおすすめです。

アルギニンとは?

アルギニン
アルギニンは、天然のアミノ酸の一種になり、鶏肉・大豆・高野豆腐などに多く含まれている特徴があります。

いかにもEDに効果がありそうな名前のアルギニンですが、なぜ滋養強壮の栄養素であることが認められているのでしょうか?

一酸化炭素の生成・インスリンを促進する作用があります。その他には成長ホルモンを促すなどのメリットがありますが、ED問題を考えますと、上記2点がアルギニンと精力増強の関係と言えるでしょう。

またアリギニンには精力減退やED問題に深い関係があるとされている、栄養素である、オルチニン・シトルリンの働きまで含まれているのです。

オルチニンはシジミなどに多く含まれていますが、肝機能を高めるなどの作用があり、シトルリンは血管の緊張を和らげる作用があります。全て、EDと関係している効能です。

アルギニンには血液をサラサラにするので、EDの為の栄養素といっても過言ではありません。
たくさんの量が必要ではないので、経済的な面でも助かりますね。

アルギニン食品の効果 、持続力、サプリの種類成分、精子精力増強効能

イチョウ葉エキスとは?

イチョウ葉
イチョウ葉は、秋になると恋しくなる銀なんの葉になります。
乾燥させてお茶などで、服用する人もいらっしゃいます。

ヨーロッパなどでは、今から30年前にイチョウ葉を医療として使用してきました。
ハーブ治療の歴史があるヨーロッパでは、副作用の問題が少ない天然成分のクリニックが日本と比べて多いようです。

医療に選ばれるほど、イチョウ葉には様々な効能が認められていようです。
EDとどのように関係しているのか?という点をまとめてみました。

イチョウ葉にはフラボノイドやキンゴライドが含まれています。
フラボノイドは血管を広げる作用があり、キンゴライドとはイチョウ葉に含まれる独特の成分であり、フラボノイドの仲間でもあります。

近年の研究により、イチョウ葉に含まれるキンゴライドには脳内の活性酸素を除去して、神経を守る作用が認められています。

血管の健康と中枢神経の問題を解決させるイチョウ葉の成分には、ED改善の大きな力が期待できると言えるでしょう。

ニンニク・アルギニン・イチョウ葉をご紹介させて頂きました。

どの素材にしても、全て、精力増強に高い効果が期待できることに驚かれた方が多いのではないでしょうか?

ニンニクは有名でも、どんな成分がEDの改善を促してくれるのかは意外と知られていません。
またイチョウの葉に今話題の活性酸素を除去する力があることは近年、やっとわかったことです。

しっかりと成分を調べることで、ED治療薬を手にする前に改善する可能性にかけましょう。

GABA・コエンザイムQ10・ノコギリヤシの有効成分とは?

栄養成分の摂取はEDを安全に改善させる方法の一つです。

食事の改善をすると、体は健康に向います。
しかし、ED治療薬とは違い、食生活の向上は時間が掛る特徴があります。

健康に下半身を元気にさせたい場合は天然成分がおすすめであり、
多少、健康のリスクを覚悟できる人は即効性の高いED治療薬が良いでしょう。

今回はGABA(ギャバ)・コエンザイムQ10・ノコギリヤシという副作用の心配が少ない成分をご紹介致します。

GABA(ギャバ)とは?

GABA(ギャバ)とはお菓子のチョコレートなどに配合されて販売していたものが有名ですね。

その名前だけで判断すると、EDに効果がある雰囲気があります。
しかし、ギャバは直接、男性の海綿体に作用するなどの効能はありません。

基本的には、「ストレスに効果がある」栄養成分として考えれば良いでしょう。
ギャバは私たちの体内に存在している天然のアミノ酸です。

アミノ酸と言えば、タンパク質を形成する上で重要な栄養成分です。

しかし、ギャバはそれらとは異なり、脳や脊髄の神経伝達物質にメリットを与えるアミノ酸として有名なのです。

精神的な興奮を静めたり、リラックスをさせたりする作用があります。
もちろん、気分を静めるだけではなく、興奮するときの伝達を正常にする役割があると言えるでしょう。必要なときに必要な気分になる為の、神経を正常に保つ力がギャバにはあります。

ED問題はストレスとも深く関わっているので、ギャバを日頃から摂取するように心がければ間接的にですが、良い影響を受けることが可能なようです。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10
アイチェンジングの代表栄養素といえば、コエンザイムQ10がとても有名ですね。
もちろん、男性の勃起障害に関してもコエンザイムQ10は無関係ではありません。

体内のエネルギーを生成する上で、コエンザイムQ10は欠かせない酵素になります。
とても強い抗酸化作用がある為、話題の水素水やコールドプレスジュースなどにも関係しています。

ED問題とコエンザイムQ10は直接関わっているというよりも、補助的な役割として説明ができます。

アルギニンやサポニンなどは、血液に作用する為、比較的、海綿体などの血流障害で起こるED問題に対しては直接作用するという判断ができます。

しかし、コエンザイムQ10は体をつくる上では絶対に外せないミトコンドリアの栄養になるなど、総合的な栄養成分としてとても大切な栄養になります。

直接、EDに作用する健康食材を摂取しながらも、総合的な健康に作用するコエンザイムQ10を日頃から摂取することが重要です。

また、牛肉・豚肉・レバーやいわし・サバ・ほうれんそう・ブロッコリーなどに多く含まれている特徴があります。

ノコギリヤシとは?

ノコギリヤシ
ノコギリヤシはヨーロッパなどでハーブ医療として重宝されている植物の一種です。
前立腺の肥大を防ぐ効能があり、ED問題とも深く関係しているといえます。

ノコギリヤシは男性の強壮・利尿・心を落ち着かせる作用が昔からあるといわれており、民間療法として根強い人気があるようです。

天然成分の中ではノコギリヤシ以上に前立腺の肥大を改善するものはあまりなく、
頻尿などにも良い効果が期待できます。

男性下半身の前立腺問題はEDと深く関係しており、老化がすすむにつれて前立腺は誰でも肥大していきます。

その際に、下半身に局部的に貧血を起こす症状である下部尿路症状が起こり、EDにつながるといわれているようです。

前立腺が肥大してしまった場合は手術をすれば良いのですが、やはり、日頃から天然成分であるノコギリヤシを摂取して、予防をすることが重要です。

ギャバ・コエンザイムQ10・ノコギリヤシについて長々と説明させて頂きました。
精力剤や栄養ドリンクの成分を確認すると、上記3つはよく配合されています。

やはり即、医薬品に頼る生活はおすすめ致しません。

まずは日頃の食生活を改善・運動をするなどの生活習慣を見直す必要性があると思います。
それでも大きな改善がなければ、はじめてバイアグラ等の薬を考えても遅くはないと思います。

ピクノジェノール・ビール酵母・レスベラトロールの精力増強成分とは?

ED治療薬に頼る前に天然成分を求めましょう

 

昔は精力増強に効果がないと思われていた素材でも、
近年の研究の結果、滋養強壮に対して目覚ましい効果がわかった素材などもあります。

あなたは安全・安心の成分でEDを改善したいと思いませんか?
今回はピクノジェノール・ビール酵母・レスベラトロールという自然由来の成分をご紹介致します。

ピクノジェノールとは?

ピクノジェノール
ピクノジェノールはフランスのボルドー地方に自生している松樹の皮からとれるエキスのことです。

非常に強い抗酸化成分を含んでおり、体のサビを除去するとして現在、サプリメント等でも配合されていることが多いようです。

ピクノジェノールはビタミンEの約170倍・ビタミンCの約340倍もあり、アイチェンジングの大切な栄養素として注目を浴びています。

ED問題の関係といえば、「壊血症」がピクノジェノールと関わっているといえます。

貧血・出血などが起こっている状態でピクノジェノールを摂取すると、改善する結果が報告されました。これは血管や血液に対して、良い影響を与えた証拠でもあります。

フランスでは血管疾患に多く用いられており、EDにも良い影響があると予想できます。

また40年以上研究されている実績がピクノジェノールにはあり、比較的、副作用の問題等も過度な心配はなく、ED治療薬とは違い、安全性の高い栄養素と言えるでしょう。

ビール酵母とは?

ビール酵母
イメージした通り、アルコール飲料のビールと関係しています。
しかし、ビール酵母を摂取しても酔うことはないので安心して下さい。

ビールを製造するときに必要な微生物がビール酵母です。

麦汁に酵母を加えることで、ビールが完成するのです。
その為、食品から摂取することが難しくサプリメントとして摂取することが通常です。

ビール酵母にはアミノ酸・食物繊維・ビタミン・ミネラル・核酸などが豊富に含まれています。
また亜鉛なども大量に含まれていることから、精子の量が増えると言われています。

亜鉛はセックスミネラルと言われており、男性の不妊治療によく亜鉛は使用されています。

精子の量だけではなく、亜鉛には男性ホルモンを刺激する作用がある為、性的刺激を受けるとEDの改善が促される可能性は非常に高いようです。

またビール酵母は副作用もなく、総合的な健康に寄与する力が高いので女性の健康にも最適といえるでしょう。

レスベラトロールとは?

レスベラトロール
レスベラトロールは赤ワインやベリー系に含まれるポリフェノールの一種です。

若返りの成分としてメディア等で、とても有名になりました。
長寿遺伝子を活性化する効能が期待でき、アンチエイジングとしてヘルスケア分野では研究されています。

レスベラトロールはココアやアーモンドにも含んでおり、肌の弾力・美肌効果・ニキビのトラブルなどの、美肌効果がある為、女性に特におすすめの栄養成分になります。

もちろん、EDとも関係がレスベラトロールにはあります。

それは補助的にはなりますが強い抗酸化成分がEDに良い影響を与えることです。
レスベラトロールにはとても強い抗酸化成分を含んでおり、老化に対してメリットを与えます。

EDは老化現象の一つでもある為、レスベラトロールを摂取することで、メリットはあると判断して良いでしょう。白ワインを飲む人は、赤ワインを選んだりすると良い方向に進む可能性は高いのです。

ピクノジェノール・ビール酵母・レスベラトロールについて色々とご紹介させて頂きました。

天然の物は、体の吸収も素早く、健康を促す力が期待できます。

少し時間がかかる特徴は否定できませんが、健康になってしまえば後は比較的、リーズナブルにED対策が可能な側面があります。

健康になるまでが天然成分の一番大変なポイントです。一方、ED治療薬は一生、手放せないのでやはり長い目で見ると、生薬などの成分がおすすめだと思います。

性生活を楽しむならこちら

高麗人参・マカ・ドラゴンフルーツという植物由来のED対策

体の健康を考えたら、やっぱり天然成分です

健康的に男性障害を克服したい場合は天然成分が特におすすめです。
精力剤の中には副作用の心配が必要な商品も販売されています。

日常から口に入れる食べ物を注意するだけで安全にEDを改善させられる可能性があるのです。

今回は高麗人参(コウライニンジン)・マカ・ドラゴンフルーツについてご紹介させて頂きます。

高麗人参とは?

高麗人参
高麗人参は性欲をUPすることや滋養強壮などでも有名な生薬の一つです。
人参と呼ばれていますが、私たちが普段食べている人参とは違います。

スーパーなどで販売されている人参はセリ科になり、高麗人参や田七人参など滋養強壮に効果が高い人参はウコギ科と呼ばれる品種になります。

人参も体に良いのですが、やはりウコギ科の高麗人参には全く敵いません。

それは育つまで年数と環境から見れば、すぐに理解できます。

人参が育つまでには数カ月で可能ですが、良質な高麗人参を収穫するためには最低でも6年掛ると言われているのです。

その高麗人参を収穫した後は、土壌に栄養は残っておらず、しばらくの間、雑草すら生えないそうです。

そんな高麗人参は血液の健康・滋養強壮成分としてEDを改善する力が期待できます。

サポニンを多く含んでいる高齢人参には血管を健康にする薬効が認められており、また、男性ホルモンを補う力まで期待できるのです。

マカとは?

マカ
マカは南米のペルーで収穫される、アブラナ科の多年生植物になります。
口の中にねばりつくような食感と独特の風味が特徴です。

マカはEDで悩む人であれば、誰でも知っているほど精力増強で有名な健康食材ですね。

アルギンを大量に含んでおり、カルシウム・リン・鉄分・タンパク質なバランスも非常に良く、
EDのためにある天然植物と言っても良いでしょう。

女性の冷え性にも効果があり、マカを口にした瞬間からポカポカとあたたまる感じを受ける人が多いようです。

これはマカの作用により、急速に血流が促されている証拠です。
成長ホルモンは30代を過ぎたあたりから減少傾向にあります。

しかし、マカはその成長ホルモンを増幅する作用があるので、比較的、若い人でもどんどん利用して欲しい健康食材でもあります。

また更年期障害にも高いメリットを発揮する側面もあるようです。

ドラゴンフルーツとは?

ドラゴンフルーツ
ドラゴンフルーツは沖縄原産のフルーツとして有名です。
果実の皮がドラゴンの鱗に見えることからその名前がついたと言われています。

ドラゴンフルーツにはアントシアン・ビタミン・ポリフェノール・カロチン・鉄分などが豊富に含まれています。

高い抗酸化成分の為、老化現象を遅らせることが期待できるフルーツです。
農薬を散布しなくても栽培ができる強いフルーツの為、安全性は高く人気があります。

ED問題との関係性は、やはり鉄分・葉酸そして抗酸化がキーワードです。

血流問題は即、ED問題とつながります。肝臓で血液を造血しているので、
鉄分はとても重要な栄養素になります。

また葉酸は健康な精子には欠かせない栄養素です。
葉酸が減少している男性の精子は質が悪いと言われています。

ドラゴンフルーツはとても暑い日差しを受けて育つ為、非常に強い抗酸化成分をもったと考えてよいでしょう。

高麗人参(コウライニンジン)・マカ・ドラゴンフルーツについてご紹介させて頂きました。
ヘルスケアの分野は目覚ましい進歩を続けています。

その為、現在、EDの改善として有名な素材でも、もっと凄い効果が高い素材も今後現れる可能性は高いのです。

しかし、ED治療薬に頼った生活をしていると、最新の情報から離れてしまう傾向にあります。

EDでお悩みの人や既にED治療薬を使用している人は、食品系の精力剤に関心をしながら続けることがおすすめの方法です。

小林製薬の精力剤はこちら

shitashitashita
精力剤 薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>