巨根丸のED治療・勃起不全(インポテンツ)改善精力剤薬局

テストステロン薬指の謎、女性、男性ホルモンその関係、効果と副作用

テストステロン

男性ホルモンとテストステロンについて

 女性のみならず男性にも更年期障害があるとはよく聞きますが、その原因が何かというと若い頃にはたくさん作られていた男性ホルモンが加齢によって作られなくなってくることです。

体内で生産できないのであれば体外から摂取すればいい、というのが合理的な判断ですが、副作用などを考えなければなりません。

代表的な男性ホルモン、テストステロンについて、今回は解説いたします。 

テストステロン 効果
性的魅力をアップする極ゴールドとは?
ku5極GOLD(きわみゴールド)効果の口コミ・成分・2ch評判

テストステロンとは?

 テストステロンとは男性の睾丸で生産される男性ホルモンで、男性ホルモンの9割以上を占めています。

男性ホルモンという名称のとおり、テストステロンは男性を男性らしくするホルモンで体毛、ヒゲや胸毛などの成長を促し、たんぱく質の合成量を多くして筋肉の成長を促します。

また、精神的にも作用し、性格を積極的、支配的にし、決断力を高めます。このテストテロンの分泌量が一番多いのは20代の時で、加齢に従って減少していきます。減少するに従って肥満がちになり、性格も消極的になって、うつ病などの二次障害を起こしやすくなります。

テストステロンの効果

 テストステロンが加齢によって減少する、それによって弊害が起こるというのであれば、外部から摂取すれば弊害は避けられるということになります。

テストステロンを摂取することによって、筋肉の増加量を増やしますので筋肉トレーニングの効果を増大させる、肥満を防ぐ、不安な気持ちを抑える効果もありますので、うつ病などにかかりにくくなります。

外部から摂取をすることで若々しさを取り戻すことができると考えてよいでしょう。

テストステロンの副作用

 どんな薬でも過ぎたれば毒となります。テストステロンも例外ではなく、効果があるからとサプリメントなどで大量に摂取を続けてしまうと副作用が出てしまいます。

主な副作用としては赤血球が増加するので血栓が生じやすくなる、皮脂の分泌が多くなるのでニキビができやすくなる、肝機能に障害を起こすことがある、などです。

服用にあたっては医師の指示に従い、用量、回数、時間を守っていただくのが一番だと思います。
 

元気が出ない、性欲がないなら?

 最近、元気がない、前向きになれない、性欲自体が沸かないというのであれば、テストステロンの服用は検討する価値があります。
若かった頃のように元気に、前向きに、男らしくありたいというのであれば、適切な用法を守っていただき、テストステロンを試してみてください。

望んだだけの効果を実感できるはずです。

薬指を見れば男性ホルモンが多いか、女性ホルモンが多いかわかる?

テストステロン 薬指

男性ホルモンと薬指の長さの関係

 男性を男性として形作る男性ホルモンはテストステロン、女性を女性として形作る女性ホルモンはエストロゲンと言いますが、どちらのホルモンの影響を強く受けているか知るためには薬指を見ればいいのです。

その理由と、そのことでどう対応したらいいのかを説明いたします。

男性らしい人の特徴

 男性ホルモンのテストステロンは男性を男性らしく形作るためのホルモンで、テストステロンの分泌が多いと筋肉量が多く、ヒゲや体毛が濃く、積極的な性格で決断力も強い人になります。

このテストステロンはお母さんの子宮の中にいる胎児が大量に浴びるのですが、テストステロンが多いか、それとも女性ホルモンのエストロゲンが多いかで、人体のある箇所に差が出てきます。

テストステロンを大量に浴びてると薬指が長くなる

薬指長い男性
 男性ホルモンのテストステロンを大量に浴びた胎児は薬指が長くなります。

この理由はテストステロンの受容体が薬指の中にたくさんあるからで、逆に女性ホルモンのエストロゲンの受容体は人差指の中にたくさんあります。

ご自分の手を御覧になった時に人差し指と薬指を比べて、人差し指が長い人はテストステロンが低く、薬指が長い人は高いということになります。

テストステロンが少ない場合はどうしたら?

 薬指と人差し指を比べて、人差し指が長い場合はテストステロンが低い人です。

もちろん、人間は一長一短がありますから男性ホルモンが少ないからといって悲観することはありません。ですが、どうしても気になる、筋肉や男性らしらを増やしたいというのであれば、外部からサプリメントなどで摂取するのが現実的な方法です。

 薬指を見るだけで持っている男性ホルモンが多いか少ないか見分けることができる。

人の体って面白くできているものだと思いませんか?

テストステロンは外部摂取が比較的簡単な物質ですので、男らしさ若々しさが足りないなと思ったら、お医者さんに相談をして試してみるのもいいかもしれません。
 
 自分の体はどのような傾向があり、こんなことは得意で、ああいったことは不得手だ。自らを知ることで向いているスポーツや、かかりやすい病気、摂り過ぎてはいけない食べ物などを知ることができます。

今回は男性ホルモンと薬指の関係について述べましたが、いろいろと調べてみると楽しいと思います。

筋肉トレーニングをすることでテストステロンは増える?

[
 男性を男性らしくする強力な男性ホルモンであるテストステロン。

積極性を高め、脂肪を燃焼させ、女性を惹きつけるなどの素晴らしい効果が言われていますが、特に重要な効果として筋肉の量を増やしてくれるということがあります。

筋肉をつけて締まった体型になって格好良くなりたい。男性であれば誰でもそうなりたいと望むこと。

では、どのようなトレーニングを行なえばテストステロンが増加するのか説明したいと思います。

なぜ筋トレをするとテストステロンが増えるのか?

 人間も生物ですので、生存のためのコストを可能な限り低く抑えようと振る舞います。

筋肉というものは体を動かすためのエンジンで、筋肉があるだけで熱量というコストを支払わないとならなくなるので、筋肉に負荷がかからなければ筋肉の量は落ちていきます。

逆に、筋肉トレーニングをすると神経が筋肉の量を増やさなければならないと判断するため、筋肉量を増やすための男性ホルモン、テストステロンが多く分泌されることになります。

どのような筋肉トレーニングが有効か?

 筋肉トレーニングは低負荷で多回数の遅筋を鍛えるトレーニングと、高負荷で少回数の速筋を鍛えるトレーニングがあります。

テストステロンの分泌をうながすためには、後者の高負荷で少回数の速筋を鍛えるトレーニングが向いています。10回程度持ち上げたら限界がくるような筋トレをインターバルを1分程度とりながら3~4セット繰り返すことで、テストステロンの分泌量は確実に増えていきます。

上半身と下半身、どっちを鍛えたらいいの?

 テストステロンは男性の睾丸で作られています。

ですので、胸や腕を鍛えるよりはウエイトを持ってのスクワットで下半身を重点的に鍛えることで、その分泌を促すことができます。

もちろん分泌のためには栄養素が必要ですので、たんぱく質や亜鉛などの食事、サプリメントを多めに取っていただき、神経がテストステロンをたくさん作って欲しいという信号を出すのに併せて、その材料を用意してあげることが大切になります。

 若者らしさを保つために必要な男性ホルモン、テストステロン。

その分泌を促すためには筋肉トレーニングが効果的ですが、行なうのであれば高負荷、低回数。下半身のトレーニング重視、たんぱく質や亜鉛の摂取を怠らないこと。

これらのポイントを守って、過度にトレーニングをやり過ぎずにあきらめず継続していけば、必ず効果が出るはずです。
 

 自分の中のホルモンのバランスを整えたい、肉体を改造したいというのであれば、まず自分の体の中でどのような変化が起きているのか把握することが大切になります。人間の筋肉は高い負荷がかかると筋肉の量を増やそう、男性ホルモンを増やそうと働きますので、そのように振る舞えば結果が出てきます。大切なのは無理をせずに続けていくこと。たくましく元気な体を、テストステロンを増やすことで獲得しましょう。

テストステロンを増やす方法【食事・サプリ】

男性らしさを取り戻すための食事

 最近元気がないなあ、とか体の節々が痛くなったとか。やる気が続かないとかオッサンぽくなったとか。

歳を重ねれば仕方がないことと諦めてしまいがちですが、それは体内の男性ホルモン、テストステロンの減少が原因かもしれません。

テストステロンは男性の男性らしさ、積極性や筋肉量を形成するための男性ホルモンで、ある程度であれば食事やサプリメントなどで取り戻すことが可能です。

テストステロンを増やす食事

 テストステロンを増やすためにはミネラル、ビタミン、アミノ酸、亜鉛などの栄養をバランスよく取る必要があります。

具体的には脂質を減らし、たんぱく質の摂取量を増やすこと。鶏肉や青魚を摂取することで良質のたんぱく質を取ることができます。

また、海草サラダやキノコを食べることでミネラルが、野菜を多く摂取することでビタミンが、牡蠣やレバーを食べることで亜鉛を摂取することができます。

毎日すべてを取ることは難しいと思いますが、意識的に摂取することで体内に入る栄養素を増やすことができます。 

食事の内容ばかりでなく規則正しく摂ることが大事

 栄養バランスがよくなっても、規則正しく食事を取らなければテストステロンの量は増えません。

なぜかというと人間の体は飢餓状態が続くと筋肉より脂肪の量を増やさなければならないと判断します。

朝の食事を抜いたり、夜遅く食べたりしてしまうと飢餓の状態であると体が思いこんでしまいますので、朝昼晩の三食を規則正しく摂ることが大切です。

毎日の食事の時間を定めるだけで太りにくくなり、テストステロンを分泌しやすくなります。

サプリメントも必要

 食事だけで必要な栄養素を全てまかなうというのは困難です。

特に精子の原材料となるアルギニンや亜鉛は外部から摂取しにくい栄養ですので、これらはサプリメントで補うのが効果的だと思われます。

増やしたいのはテストステロンですが、テストステロンを作り出している場所は睾丸、精子を作る場所ですので、精子を作るための材料も大切であると思ってください。

各種サプリメントがありますが、価格や含有量よりも決められた量を毎日欠かさず続けていくことが大事です。 

ku5アルギニン食品の効果 、持続力、サプリの種類成分、精子精力増強効能

 若かった頃の自分と今の自分を比べて、元気がなくなったなあと感じるのはある意味では当然のことです。

加齢によって体内のホルモンバランスが変わってしまい、若い頃のようにエネルギーを効果的に扱えなくなっているわけですから。

食事の内容や食べる時間、サプリメントなどを見直すことで、そういったホルモンの乱れに対応できるかもしれません。
特に規則正しい時間に食事を取ることは健康を維持するうえにおいて大切です。
 

 仕事が忙しいとコンビニ弁当ばかりになってしまい、食べる時間も不規則になってしまいがちです。

栄養が偏るばかりか食べているのに体が食べていないと判断してしまいますので、肥満がちになり、若々しさもどんどんなくなってしまいます。

まずは規則正しい時間に食事を摂ることから始めてみませんか? 

必ず効果が出るはずです。

shitashitashita
精力剤 薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>